やまなかれいじの静かなノート

グロービス経営大学院で、ベンチャー系、創造系の科目を教えている教員です。一般財団法人KIBOWでは、社会的インパクト投資をやっています。 学んだことを、このブログでシェアしていきたいと思います。

2009年03月

3月30日の朝日歌壇より。 「温かき 缶コーヒーを 抱きて寝て 覚めれば冷えし コーヒー啜る」 (公田耕一 ホームレス) 「囚人の 己が 想いつつ食む HOTMEALを」 (郷隼人 アメリカ) -------------------- 日本のホームレスと、アメリカの囚人と ...

全く理解できない張り紙が、居間に貼ってあることに気づいた。(画像参照) 6x8cmの紙が、二枚張ってある。左の紙には長女の字で、右の紙には次女の字で、同じことが書いてある。 「あんぜんしゅうぎょうが 100にんも みまもっています」 その下に、怪しい人の ...

若年性認知症の実態がはじめて、報告された。 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/h0319-2.html これを見ると、「アルツハイマー型」ではなく、「脳血管型」の認知症が、多いことに気づく。 だとすると、これはかなり予防できる疾患なのかもしれない。 ・脳梗 ...

「おやじの会」のスタート 私が、子供の小学校の「お父さんの会」に参加しているということは、何度かこのブログに書いた。 「お父さんの会」は、日本中、かなりの地域に広がっている。「おやじの会」と呼ぶ地域もある。 しかし私は、この「会」が始まったきっかけを知ら ...

いまさら!と言われるかもしれないが、「おくりびと」を新宿の映画館で見た。 おそらく生涯忘れられない、素晴らしい作品だった。 音楽が素晴らしい。チェロの音が、いのちに対する賛歌に聞こえる。 そのバックに山形の早春の景色が広がる。日本の、最も美しい一断面だ ...

このブログで何度かご紹介した、ホームレス歌人の公田耕一氏の歌が、また紹介された。 公田氏の特集が組まれた朝日新聞に対して… 「ホームレス歌人の記事を他人事のやうに読めども涙零(こぼ)しぬ」 (朝日新聞 2009年3月9日) せつない歌である。 ...

朝日新聞に過去に投稿された、「おもしろ短歌」の特集が興味深い。 「定年後 上司はいない筈なのに 気が付けば孫の部下になりおり」 (小林治夫氏) 「<夏草や芭蕉飛び込む最上川>暑中見舞いはこの句に決めた」 「おばさんは おばさんなれど おばさんに お ...

議論をすることの教育効果が理解されないことがあるのが、悲しい。 今朝の朝日新聞に、以下の記事が載っていた。 熊本県の社会科教師らでつくる研究団体が作った県内の中学2年向け社会科の学力テストで、同県の川辺川ダム建設への賛否を問う問題が出され、ダム計画を巡 ...

うちの長女は、「伊能忠敬万歩計」というのを祖父からもらって喜び、しばらく首からかけていた。歩かないと、伊能忠敬が画面内で怒る。 次女は、「忠敬」を発音できず、「いのうタカダカ」といつも言っている。 最近、NHKの「その時歴史が動いた」を見ていたところ、伊 ...

起業家の友人がプレゼントしてくれた本。神田昌典氏の「人生の旋律」を読み終わった。 苛烈な戦争を生き抜き、富と名声をほしいままにした伝説の実業家、近藤藤太氏から神田氏が直接ヒアリングしてまとめた、ライフ・ヒストリーだ。 すさまじい成功、そして絶望的な失 ...

↑このページのトップヘ