やまなかれいじの静かなノート

グロービス経営大学院で、ベンチャー系、創造系の科目を教えている教員です。一般財団法人KIBOWでは、社会的インパクト投資をやっています。 学んだことを、このブログでシェアしていきたいと思います。

グロービス経営大学院で、ベンチャー系、創造系の科目を教えている教員です。また同時に、KIBOW社会投資のディレクターとして、社会的インパクト投資を行っています。

学んだこと、感じたことを、このブログでシェアしていきたいと思います。

サントリーの「頂(いただき)」の広告動画が不快だということで炎上した。一方で、「この動画の何がいけないのか」という逆の怒りの投稿も、私の周囲で多かった。 4種類の反応があったように思う。 ・肯定的意見:「この動画の何が悪いのかわからない」 ・否定的意見:「 ...

今日は一日オフを取って自分のあり方をじっくり見返す「一人リトリート」を実施した。一年に3回くらいやっている。 以下のような順番で振り返りと方針設計をする。 0)自分のベースの見返し ・自分が「かくありたい」と強く願い、憧れる人物の新聞記事の切り抜きなど(20 ...

これは素晴らしい番組だった。 トランプ派と反トランプ派が集まり、激論を繰り広げる。反トランプ派は、トランプに対して強い怒りを持っていた。一方で反トランプ派は、トランプの支持者に対してステレオタイプ的な蔑視をしていること(そして実際には、トランプ支持者の中 ...

韓国出身の友人の話。彼はサイエンスの英才教育を受けた。(後述)高校では飛び級。結局卒業せずに、イスラエルの研究機関にスカウトされて、研究員として働いていた。しかしそこで17歳の時に爆発事故を起こし、大けがをして片方の眼球を失った。大量破壊兵器開発への関与を ...

世界を変えた一本の卒論を見た。28年前、アメリカの大学4年生が書いた。荒廃した公教育を立て直すプランだった。 彼女はそれをコピーし、資金調達のために多くの企業に送り、手紙を書き、電話をかけ続けた。 教育改革を強く訴えていた有名な経営者(ロス・ペロー) ...

有力な投資家が、2017年のトレンドを予測している記事があり、興味深かった。 Techcrunch「日本のVC・エンジェル投資家が予想する2017年のスタートアップ・トレンド(前編)」 2017年のトレンドとして私が注目しているのは… 1)EC 2.0 「検索して、比較して、購入ボタン ...

こころとからだを病んで やっとあなたの列に加わった気がする 島の人たちよ 精神病の人たちよ どうぞ 同志として うけ入れて下さい あなたと私のあいだに もう壁はないものとして (神谷美恵子1975「同志」) 精神医学者の神谷美恵子が、死の4年前に書いた連作「病床の詩 ...

「今生に、いかにいとほし不便とおもうふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし」 (この世に生きている間は、どれほどかわいそうだ、気の毒だと思っても、思いのままに救うことはできないのだから、このような慈悲は完全なものではありません。) http://w ...

「死生観を持つことが重要」という言葉をよく聞くけれど、具体的にどのような「死生観」があるのかは、整理されていない気がした。 なので我流で整理してみました。上下の順番にはあまり意味はありませんが、上の方がビジネスパーソン的で、下の方が宗教者的と言えるかもし ...

久々に実家に帰った。 私の兄は、高次脳機能障害という病を抱え、それに加えて脳梗塞になった。今は老人ホームに入っている。 母は兄を毎週4日ほど、老人ホームからリハビリ施設まで送迎している。母自身も要介護の後期高齢者なのだが、ゆっくり、ゆっくりと足を運び、かな ...

自分がハーバード・ビジネス・スクールに入学したのは、何かの間違いだったと、私は感じていた。自分だけでなく、おそらく入学者のうちかなりの割合の新入生が、同じようにナーバスになっていたと思う。 そんなことを思い出したのは、スタンフォード大学のティナ・シーリグ ...

中学生の時に「やんちゃ」をしていた人と、ランチをご一緒させてもらった。彼はなんとか中学、高校を卒業し、とび職につき、その後一念発起して米国に留学、UCバークレーを卒業した。 「やんちゃ」とはすなわち、「不良」とか「ぐれる」とか「ヤンキー」と言われることもあ ...

イノベーション研究の分野で、専門的な学術誌に50回以上論文が引用されている研究者を選んだら…。ほとんどが欧米の研究者。欧米以外で唯一選ばれたのが、東大名誉教授の後藤晃先生でした。(オランダのライデン大学の研究者の研究) その後藤先生が出された新しい本「イノ ...

勝海舟の交渉力がすごい、という話。 歴史が好きな人ならご存知かと思う。西郷隆盛との交渉、一日目は大した交渉をしていない。戦争が起きた時の、和宮(天皇家から徳川家に嫁いでいる)の処置について話し合っただけだった。 江戸総攻撃停止の議論は、二日目に一気に決め ...

東北学院大学で民俗学を専攻した「アガツマくん」という人がいた。 民俗学というのは、特定の地域に密着して、文化や風習、そしてそこでの人の生き方を深くつかみ取る学問。アガツマくんは、その研究のため、2005年の3月に南三陸の波伝谷(はでんや)という集落に入った。 ...

「物事を始めるための小さくて現実的な第一歩。そのチャンスを、私は決して逃さない。たとえマスタードの種のように小さな一粒のはじまりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもある。」(ナイチンゲール) 先日、「ある少年」の話を聞いた。それ以来、どうやって人間に ...

自宅で深々と日本酒を飲み続けた結果、泥酔した。泥酔した時には、泥酔したなりの文章を書く。そんな時でなければ書けない文章があるだろう。明朝素面に戻った時には、この文章を削除する可能性大だが、どうかあしからず。 そもそも日本酒を飲んでいるのには、二つ理由があ ...

日本一ギターを売った男の話。 お茶の水の某店舗で、圧倒的な商品知識で日本一の販売量を挙げた伝説的な販売員がいた。店舗に立つだけでなく、YouTubeでギターを実演しまくるアプローチ。 エラが張っているので、「エラさん」と言われて、2ちゃんねるでもスレが立つほど、 ...

他の地域のPTA会長と情報交換をしていて、「自転車おじさん」の話を聞いたことがある。 その地域に出没する「自転車おじさん」は、ボランティア活動的に自転車の整理をするのが好きらしい。 運動会の時、自転車おじさんが出没すると…保護者の乗ってくる自転車を緻密に適切 ...

10年に1人くらいしか東大合格者の出ない高校で、下から1/3くらいの成績だったある高校生(T氏)の話。 人生を変えるきっかけとなったのは、彼が入った「家庭クラブ」だった。家庭クラブとは、昭和20年代から脈々と続く高校生のマイナーな部活動で、様々な社会問題を研究し ...

↑このページのトップヘ